CKDの治療には薬物治療と食事療法がメイ

CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢におこなうことが大切ではないかと思います。
減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、日頃の食事よりも蛋白制限食は美味しくない、栄養が足りないなどという意見で、中々実践に踏み切れない方も多く存在します。
カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って茹でこぼし又は水さらしを施してから調理をおこないましょう。
茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、その種類や調理するときの処理時間や形状・水量により違いが出ます。
ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。
小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、搾るようにすると、より多く除去できます。
現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になるでしょう。
標準体重が60 Kg前後程度だとすると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。
それぞれの食品にふくまれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表を参考にして貰えばよいと思います。
このような食事療法については、栄養士の指示で各種の工夫について知ることが出来ます。開業医さんで食事指導を受けられないときは、腎臓内科のある近隣の病院を紹介して貰い、専門的な意見をもらってもよいでしょう。人間の体にとって重要な3大栄養素(時には、健康補助食品やサプリメントなどを上手に利用してもいいかもしれませんね)に糖質・たんぱく質・脂質があるのです。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7?8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負担を与えてしまいます。
ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにして下さい。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日換算で約30g?40gです。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、生のままの野菜や果物と比較すると多量のカリウムがふくまれています。
その影響で、腎機能が低下している患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、さらに高カリウム血症の症状が顕れる惧れがあるのです。。
毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、どのようにして献立を考えたらよいか、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。
低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。
一日における排泄物を検査し計算をします。
尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。腎臓病を発症した方のおこなう食事療法の趣意は、腎臓病の進行を遅らせることと、良好な体調の存続です。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法次第で腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析導入を遅らせることが出来ます。
実際に透析が必要となってからも、体調を保ちながら安定して透析をつづけていくために、食事療法は必須なのです。
近年、腎臓の働きが悪くなる方が増加し問題となっています。
腎臓は尿を創る臓器で背中に二つあって機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の調整を行ったり、赤血球を作り出したり、私立ちの体にとって大切な働きをしているのです。
腎臓に関する治療は病院に行ってそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。食事によって獲得し立たんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓の内部で分離され、老廃物は尿として排泄されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓に与える負荷が増してしまいます。
腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があるのです。
けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、不足しないように補給する必要があるのです。
お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘い食べ物の場合でも意外な事にたんぱく質が多く入っているのです。おやつには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、たんぱく質の過剰摂取になるでしょう。たとえば、ショートケーキひとつには卵1個程のたんぱく質が入っています。
CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。
減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、そのうち減塩食は高血圧治療の手間を省き、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が相応しいとされていますが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量に比べると約半分であるせいで、蛋白制限食は美味しくない、その他にもカロリーが不足するなどで、実施に及ばない方も多々見かけます。
推奨L-シトルリン、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。仮に標準体重を約60kgとすれば、おおよそのL-シトルリン一日50g程度になります。食品に含まれている蛋白の量についてはよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。
このような食事療法については、栄養士の指示でいろいろと工夫してやっていけます。開業医さんで食事指導を受けられないときは、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。多くの慢性腎臓病(糖尿病や膠原病などの病気が原因となって併発することも少なくありません)の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、大抵は体内のカリウムを排泄する働きが低下していき、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、カリウム摂取を減らす必要があります。クレアギニンEXは、ノコギリヤシを濃縮し加工しているため、生の野菜や果物と比べてカリウム含有量は極めて高いものが多いです。
その影響で、腎機能が低下している患者さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。
腎臓病(糖尿病や膠原病などの病気が原因となって併発することも少なくありません)が段々に進展してくると次は腎不全と呼ばれる状態になります。
そのうち、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、長い期間を経て段々に腎機能が悪化する慢性腎不全があります。
急性腎不全では、適切な治療を行って病状に至る原因を取り除くことができれば、本来の腎機能を取り戻す可能性があります。
反対に、慢性腎不全については腎不全の進行状況によって段々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。
腎臓はソラマメに似た形をした臓器でどの辺りにあるかというと、ぴったり腰辺りの左右に一個ずつです。糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれが無数に存在するのです。
腎臓の主な機能として、体内のたんぱく質の代謝の過程で生じる血中のいらなくなったものを尿と共に排泄します。
その他にも、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保ったり、また、赤血球をつくり出すホルモンや血圧なども調整し、骨の組織に関係するホルモンを形成するなどの必要不可欠な働きをしています。近頃、腎臓病(糖尿病や膠原病などの病気が原因となって併発することも少なくありません)の方が増加傾向にあることが問題となっているのです。
この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿をつくり働きとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、電解質の調整を行ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球をつくり出したり、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。
当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて相応の対処も必要ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大事です。
腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。
とはいえ、近年の医療技術の発展により早期発見・早期治療が実現できるので、腎臓の機能の低下を防いだり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。もし、末期の腎不全になっ立としても、昨今では透析療法や移植にとどまらず多種いろいろな治療法も増加傾向にあるので、患者自身の現状に照らし合わせた最良の治療が望まれます。
腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、健康診断を習慣化し、治療と症状を悪化指せない生活を心がけることで健康的な生活を維持することが可能になります。ですが、腎臓病(糖尿病や膠原病などの病気が原因となって併発することも少なくありません)の中には症状が顕れなかったり自覚症状が出ないものもあるため、現実的にはこれといった対策が難しいところがあります。場合によっては尿に病気のサインが出るので、まずは医療機関での受診を優先しましょう。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、どのようにして献立を考えたらよいか、減塩のポイントなどを教えます。低たんぱく食事療法ですと、クレアギニンEXの使用が不可欠ですから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。
実際に患者さんがどの程度のペポカボチャ食塩の摂取量を確かめます。
日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、ペポカボチャ食塩をどのくらい摂っているかがわかります。
食塩制限は腎臓の負担を軽くします。
食塩摂取の適量は、一日6g未満とされています。加工品や塩蔵品をさけて、生の食品を選びましょう。
煮物や汁物などは、天然のだしをきかせましょう。
料理次第で、薄味でもたいへんおいしく食べることができます。
たんぱく質が多く含まれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。
これらのたんぱく質を含んだ食品以外でも、たんぱく質制限が必要な方用に「クレアギニンEX」が市販されています。
管理栄養士に相談しながら、具体的に使ってみてちょうだい。

コメントを残す