腎臓病が進行して腎臓のはたらき

腎臓病が進行して腎臓のはたらきが弱くなると腎不全へと推移します。病状が急速に悪化する急性腎不全と、逆に長期にかけてじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。
急性腎不全では、適切な治療を行って腎臓の機能を悪化指せた原因を取り除くことができれば、腎機能の回復が見込めます。
一方、慢性腎不全では腎不全の進行に伴って徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。腎臓の形はというとソラマメに似ていて腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。
腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管があまた密集している場所でもあります。腎臓の主なはたらきは、たんぱく質の代謝により生じた血中のいらなくなったものを尿と共に排泄します。
体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、あるいは、赤血球を創るホルモンや血圧(一般的には、動脈の血管内の圧力をいいます)の調整、骨の代謝に関わるホルモンを創るなどの重要な役割を担っています。
CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、CKDの進行を食い止めるためにもクレアギニンEXの摂取を果敢に行なうことが大切です。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、減塩食は高血圧(一般的には、動脈の血管内の圧力をいいます)において治療をしやすくし、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。
減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、栄養が足りないなどという意見で、中々実践に踏み切れない方も多く存在します。
腎臓の機能に異常が顕れた時は、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。
近年の医療技術によって、それらの治療の困難さが軽減されたため、腎臓の機能低下を最小限に抑えたり、遅らせたりすることが可能です。
末期の腎不全であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほか多種多様な治療法も増えているので、患者自身のQOL(生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)の質)に合った最新の治療が期待できます。
毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、食事のメニューはどのようにしたらよいか、あるいは食塩の抑え方などを指導します。たとえば低たんぱく食事療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、それに必要な紹介や説明もしていきます。
具体的に患者さんがどのくらいのペポカボチャ食塩を摂取しているかをチェックします。
摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。
1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、体内へのペポカボチャ食塩の摂取量を理解することができるのです。
腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大切です。ノコギリヤシ摂取量の目安として望まれるのは、一日6g未満です。
市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、生の食品選びを心がけましょう。
料理には天然のだしで味付けしてみましょう。天然の味をおいしく食べることができるのです。
肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多く含まれます。
たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方にむけた「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。
目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談して頂戴。
腎臓病の中でも慢性腎臓病(2006年6月に設立された日本慢性腎臓病対策協議会が認知の向上に努めています)に関しては、腎機能の改善が望めず、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、これまで摂っていたカリウムの量を減らす必要が出てきます。野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生の野菜や果物と比べて大概はカリウム含有量が非常に高いです。
もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症を発症する危険が高まります。
腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、あるいは感染などが原因で先天的なものに起因しないものまでさまざまですが、早期発見のためにも習慣的に健康診断を受け、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化指せない生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)を心がけることで気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。
けれども、ある腎臓病に関しては自己判断が難しいものもあるので、常に油断しないようにすることです。たとえば、いつ持とは違う尿が出た場合は、まずは医療機関での受診を優先しましょう。
近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。
腎臓というのは背中に2つありそこで尿を作り体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧(一般的には、動脈の血管内の圧力をいいます)の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私立ちの体のために重要な役割を担っています。
言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し似つかわしい治療を受けることも先決ですが、日常的に健康的な生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)を意識することが大切です。
現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。
標準体重が60 Kg前後程度だとすると、一日に必要なL-シトルリン単純計算で、約50gです。
食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。
このような食事療法については、栄養士の指示で具体的に応用した食事を創ることも可能です。
仮に開業医さんに食事指導を受け付けてもらえなかったら、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、専門的意見を頂くこともよいと思います。

コメントを残す