腎臓病は腎臓の負担を軽減することが大切です

慢性腎臓病(2006年6月に設立された日本慢性腎臓病対策協議会が認知の向上に努めています)(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)に関しては、腎臓の機能が明確に改善することは少ないので、大抵は体内のカリウムを排泄するはたらきが低下していき、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、カリウム摂取を減らす必要があります。
濃縮加工した野菜ジュース(飲みやすいように果物を混ぜることもあります)は、生野菜や素のままの果物にくらべて含まれているカリウムが、ミスなく多量です。そういった所以もふくめて、もし腎機能が健康でない患者さんが、いつも野菜ジュース(飲みやすいように果物を混ぜることもあります)を飲んでいると、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。
食塩の制限は、腎臓の負担を軽減することに繋がります。食塩摂取の適量は、一日6g未満とされています。

加工品や塩蔵品をさけて、生の食品選びを心がけましょう。天然のだしは料理の味付けに最適です。

慣れてくると、薄味でもおいしく食べることが可能です。

たんぱく質がたくさん含まれている食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。

たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方に向けた市販でも購入できる「クレアギニンEX」があります。

目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談して下さい。

腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)にはDNAに起因する腎炎から、またはDNAが原因ではない外的要因のものまで多岐にわたりますが、日頃から健康診断を怠らないようにし、治療と症状を悪化指せない生活を心がけることで健康な人と同じように生活することが可能です。ただし、腎臓病(たくさんの種類がありますが、腎炎が最も多いといわれています)の種類によっては進行に気づかず無自覚なものもあるために、予防がナカナカ難しいのも現実です。日常生活の中で普段と違う尿が出た場合は、すぐに医師へ相談しましょう。健康な腎臓機能でなくなると、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。
しかし、最近では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、病態の回復までとはいかずとも、悪化を食い止めることも不可能ではありません。もし、末期の腎不全になっ立としても、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものにはそれぞれに応じた治療法も加わり、患者自身の現状に照らし合わせた最良の治療が望まれます。
腎臓はソラマメに似た形をした臓器で腰の辺りに左右1個ずつあります。

腎臓は糸球体という小さな血管がたくさん集まっている場所です。

腎臓の主なはたらきは、たんぱく質の代謝により生じた血液中の老廃物や毒素を尿中に排泄します。体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、また、赤血球をつくり出すホルモンや血圧なども調整し、骨の成長段階に必要なホルモンをつくり出すなどの必要不可欠なはたらきをしています。

腎臓ははたらきが弱くなると病状が進んでいわゆる腎不全と言われる病態に移ります。腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、長期間にわたりじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。

急性腎不全の場合は、病状にふさわしい治療と病状に至る原因を取り除くことが出来れば、腎臓の機能が回復する可能性があります。一方、慢性腎不全では腎不全の進行に伴って徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。
CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日がふさわしいとされていますが、日本人(最近では海外で活躍する方も増えていますね)が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比べるとだいたい半分になるために、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、その他にもカロリーが不足するなどで、実施困難な方を多く見うけます。

近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。背中に二つ存在する腎臓で尿が造られ体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を創るはたらきをしたり、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。
言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院しそれに応じた治療をうけることが望ましいですが、日々の食事や生活の習慣を見直すことが不可欠です。

毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、具体的な献立の工夫や、さらに食塩の軽減対策などを指導します。

クレアギニンEXの使用は、低たんぱく食事療法の基本となりますので、そのクレアギニンEXを紹介したり使用法なども教えます。

現実に患者さんがどれくらいのペポカボチャ食塩を体内に取り入れているかをチェックします。
摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、ペポカボチャ食塩をどのくらい摂っているかがわかります。

もっとも適切なL-シトルリン、標準となる体重で約0.8g/kgです。

もし標準となる体重が60kgくらいであれば、L-シトルリン、一日におおよそ50g必要となります。
食品のたんぱく質含有量についてもよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。

栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関する具体的な工夫について指導して貰うことも可能です。開業医さんの中には食事指導が難しい場合もあるので、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、専門的意見を頂くこともよいと思います。

コメントを残す